ディンプルキー

 リフォーム・リノベーション用語集

【ディンプルキー】

用語集
ディンプルキー

ディンプルキーとは、鍵の一種で表面に深さや大きさの異なる小さな丸いくぼみのついたシリンダーキー(鍵穴に鍵を差し込み、回転させることで施解錠)のことです。
鍵違い数(配列組み合わせ)が1000億通り以上と非常に多いため、複製が困難で、従来のタイプ鍵山式にくらべて防犯性に優れています。
リバーシブルタイプと呼ばれるものもあり、裏表関係なく施解錠タイプもあり抜き差しがしやすい仕様となっています。

従来の鍵と比べてセキュリティが強い一面もありますがデメリットもあります。
デメリットとは「合鍵作成」にあり、通常あら1000円以下で作れるはずの合鍵が、ディンプルキーの場合だと5000円近くもかかかってしまうという側面もあります。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース